« マツバラバナー、ありがとうございました! | トップページ | 号外だします »

2019年3月 5日 (火)

母はきました

Img_4596

全国の子育て中のみなさん!!

し ん ど い で す ね !!

札幌の星川さんと久しぶりに電話をしました。
仕事のことで相談だったんですけど
結局
「授乳」「アンパンマン」が話題になりました。

あの札幌の大都会を
駆けぬけてていた星川さんの口から「添い乳」、、!!

幾星霜でございます。

さて、
プリキュアがお熱を出しました。
それでも、よくここまで耐えたと思います。

友の会員さんに子守りしてもらったり
同じアパートの名前も知らん人にみてもらったり
あらゆる手を使って10分、20分と時間を稼いできましたが

もう限界です!

この世にプリキュアを
ワンオペできる人は、
私と、このひとしかいません。


Img_3998

「さのさん、召喚します、すぐ現地入りセヨ」

ラジャー!!
さあ、
松原工房はラストターボ入ります!

母は来ました
ならぬ
父は来ましたであります。

さのさん、おまちしております!!


「おおたさん〜母は来ました〜って歌あるやん、岸壁の母。」
「はいはい、えーと、舞鶴の引き揚げ船やったかな」
「そうそう、あれさあ、シベリアから帰って来る息子を待ち続けた
実在のお母さんの話やんか〜」
「そうらしいなあ」
「お母さん、けっこう長生きで平成まで生きてはったんやけど、
結局息子には会えへんかったらしい」
「ふむふむ」
「ところが」
「まさか」
「実は息子は生きていた」
「あ〜なんか、そんな気してたわあ」
「息子、帰国拒否」
「だって、毎日岸壁に来る母やろ、ちょっとなあ、キツいなあ」
「しかも気になるのが息子の名前が新二」
「次男やん!!ちょっと重たいなあ」
「おおたさんならどうする?」
「いや〜ちょっと帰らんかもしれんなあ」

おおたさんとの会話はこうゆうのが多いです。
4月からは仕事しながらこうゆう話をするのが
無くなるのかと思うとさみしいです。
くだらない話がダラダラ出来るって言うのが
結局、ひとと一緒にいる醍醐味なのかも知れませんね。


|

« マツバラバナー、ありがとうございました! | トップページ | 号外だします »

コメント

父はきました、今日もきた!
さすがです。呼べばもっと早く来てくれるのに、あえてギリギリまで呼ばないその精神。
私にこもりの技術がなくてごめんなさい。でも、うちの小児科には繋げるからね!
あ、新二さんは次男でなくて養子らしいよ!
(私も小学生の時、ドラマをリアルで観てました。調べたら市原悦子さんが主演でした。さすがでした)
さらに重い母の愛。大和田獏が息子役。

投稿: マサコッティ | 2019年3月 7日 (木) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マツバラバナー、ありがとうございました! | トップページ | 号外だします »