« 千秋楽 駐車場のお知らせ | トップページ | 終わりが見えてきました »

2019年2月24日 (日)

千秋楽のお買いものについて

千秋楽のお知らせはこちら!

マツバラバナーは2月25日まで、受付中!

現在の営業につきまして

D0er5cdu0aih7mujpglarge

作っても作っても
ぜんぜん足りない、、、!!

さあ、
松原製品が買えるチャンスは

あと
2/28ネットストア(リクエスト製品のみ)と
3/21〜24千秋楽の会場
3/24千秋楽ネットストア

3回限りとなりました。

松原工房は現在2人しかおりません。
しかもひとりは子育て中。もうひとりもフラフラ。
時間もないけど体力もない、、!
いくらがんばっても作れる量に限界があります。
くやしいけど、、!

最後の機会に
少しでもたくさんの人に商品が行き渡って欲しい。
そんな思いから
購入制限を設けさせていただくことにしました。

千秋楽会場での
お買いものは
お一人様一日10万円までとさせていただきます。

個数制限だと
集めてるアイテムや、家族の人数などもありますので
金額制限とさせてもらいました。

松原工房はずっと、個人のお客さまのために
ひとつひとつ少量多品種でやってきました。
業者の仕入れ買いは、ご遠慮下さい。
なんかあやしい、と判断した場合は
その場でレジを通しません。
もはや松原工房はタイタニック号!
友の会員さんとこれまでのお客さまが最優先です!

それから
千秋楽は4日間ありますが、
ほとんどの製品は初日で売り切れると推測しています。

初日の入場は友の会の会員番号順になります。
友の会は1001人おりますが、

まさか全員来るわけはありません。

欠番はどんどん飛ばしての入場となりますので
番号が遅い方もどうぞ来て下さい!
とにかく来ないと入れない、買えない!
人生はチャレンジのみ!

そして
友の会番号がわからない方の入場は遅くなります!!
必ず自分の番号を把握してきて下さい!
(お送りしたカードの宛名欄に印刷されてます)
(松原工房友の会、でメールボックス検索してください。登録時のメールがあるはずです)
(それでもわからない時は電話かメールを)
(メールがないひとは大抵アドレス受信拒否です。もう対応する時間がないです。電話して)

友の会会員さんのご同行の
家族の入場につきましては
ものすごく混雑の場合は外でお待ちください。
ゆとりが出てきたら適当に入って下さい。
そこらへんはあまり制限や意地悪をしたくないので
空気を読むというか、周りに配慮するというか、
日本文化のいいところをみせてください。

千秋楽初日は
オープニングイベントがあります!!
これ、絶対見て欲しい!!
1円の儲けにもならんのに(笑)
今、一生懸命、仕込みをしています!!
最後まで笑かしたい!!

どうぞ、3月21日10時、お店の前に集まって下さい!
そして松原工房は
最後までアホやったーーー
と言って下さいね!!
撮影、配信、拡散、自由です!
店内も商品もスタッフも勝手に撮って下さい !許可不要!!

そして
遠方で来れない方、来ないと決めた方、

「飛行機代を使うか、その金額でネットストアで買うか、
熟考して、飛行機会社より松原工房にお金を落とそうと決めました」

こんなうれしいお言葉、、、!!
生きててよかった、、、、!!!

商品ははっきり言って
会場優先です。
が、ネットストア用に最新の製品を取り分けてあります!
争奪戦かとは思いますが、ひとつでも多くお届けします!
待ってて下さいね!!


以上のような状況ですので
松原工房は今、時間と体力を少しでも温存したい。
不要不急の連絡はやめてください。
千秋楽に関する事や聞きたい事は
個別の連絡はせずにコメント欄に書いて下さい。
ボランティアの希望もたくさんいただいております。
ありがとうございます!必要な時にこちらから連絡します。
差し入れや救援物資は現在、不要です。

被  災  地  や  で


応援の気持ちは
千秋楽に爆発させてくれ!!


Img_4596

保育士の資格を持つ
友の会員さんが
託児に来てくれました!!

一番助かる、、、涙!!!!


千秋楽のご注意はこちらにアップされました

|

« 千秋楽 駐車場のお知らせ | トップページ | 終わりが見えてきました »

コメント

900番とキリがめちゃくちゃいい会員番号のものです!

千秋楽には是非実店舗にお邪魔したい!
今までネットストアのみの利用だったので。。。

もう少しだけ、頑張ってください!
そしてまつばら工房に行けるのを楽しみにしています!

投稿: モコ | 2019年2月27日 (水) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千秋楽 駐車場のお知らせ | トップページ | 終わりが見えてきました »