« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月29日 (水)

いまだけ ここだけ あなただけ

Img_3019

ハロー
こちら北海道!

もち米生産日本一!
雪質最高スキー場の町、

名寄市からお届けしています!


Img_3037

道北のデパート!
名寄「西條」1階のイベントスペースで
松原工房は
ヨナタンストアとして
かわいい波佐見焼を紹介しています!


Img_3016_2

名寄新聞

(恐怖新聞ではありません)

Fullsizerender_2

広告をのせてもらいました!
道北マスコミデビュー!

Img_3038

物を売るコツは

「いまだけ ここだけ あなただけ」

と、花畑牧場の田中さんが言ってました!!
「いつでも どこでも だれにでも」
は売れない時代なんですよ!!

こちら
今回の催事のために作りました!
ラーメンボウルの新柄!

名寄限定
にしたいところですが、
売れ残ったら波佐見で売ります、、、

あと5つです!


Img_3023

どこに行っても
北の町でも

新しいお客さまが待ってて下さる!!

森ジャムで買って下さった方が
再び来て下さいました!
感涙!!
生きててよかった!!


Img_3026

セレブマダムのように
ショッパー(買い物袋)を下げて
意気揚々と帰られました!

ありがとうございます!

こちらも元気をいただきます!!

Img_3032_3

北海道のデパートの
がらんとして
ラフな感じは

4プラを思い出します。


Img_3040

店員さんも少なくて

午前中などは
レジが閉まってるコーナーも多いので

催事で出している私のところにも
お客さんが
「忘れ物したんだけど〜」とか
「バス乗り場はどこ〜」とか聞かれます。
できるだけ対応していますが、

「これください」
お米(30kg)
を持って来られたのはビックリしました。


Img_3014

同じ北海道とはいえ
高速バスで4時間以上かけて
来て下さった方もいて
胸がつまります。

「好きなことに時間を使えて幸せなんで
気にしないでくださ〜い」

軽やかに去って行かれました。

催事にはいつもいつも
たくさんの出会いと
驚きの新発見があります。


金曜日の16時まで
お待ちしております!


|

2018年8月23日 (木)

名寄に持っていく食器はこちら!(忘れないで編)

8月の営業日はこちら
北海道名寄市の催事は8月27日(月)から!

Img_2983_2

あの、それで忘れないで欲しいんですけど、
かわいい波佐見焼たくさん持って行きますが

一応

メインは松原工房です、、、

Img_2984_2

安くてかわいい波佐見焼に混じって

あんまり安くなくて
かわいい松原工房が、、、

一番売れ線のいいやつを
惜しみなく
持って行きますので、、


見に来て下さいね、、、


*遠くて行けないけど応援したいわ〜って
やさしい方々はどうか宣伝にご協力下さい!!
お友達に、お知り合いに。
そしてSNSで伝えてくださると
私たちはこっそり見つけてむせび泣いてます、、

*北海道の人はどうぞ遠慮なく現地に来て下さい!
友の会の人はどうぞ遠慮なく名乗って下さい、、!

|

名寄に持っていく食器はこちら!(後編)

8月の営業日はこちら
北海道名寄市の催事は8月27日(月)から!

Img_2977

この10年で波佐見焼は
すっかりカラフルで明るい食器になりました。

こちらはロングタンブラーなのですが、
なんと!!


Img_2978_3

↑箱詰めをお手伝いしてくれる
友の会員さん

キーポ!!
キーポって聞いたことありますか?

二重構造になっていて
磁器なのに保温保冷に優れてるんです!!


Img_2980

たっぷり麦茶やビール,
あるいはホットドリンクを入れて,,

Img_2979

ほら!!!!!

魔法瓶みたいになってるんです!!!

すごいでしょ!!

Img_2981_2

キーポはちょっと
オッチャン向けのデザインばかりだったんですが
ようやく乙女風のかわいいのが出てきましたよ!!

1620円です!
私は氷入れて
赤ワイン注いで
サングリア風にして楽しんでます!!

友の会O方さん、
ご出演ありがとうございました!

Img_2974

最近の波佐見焼は
単色のカラーがかわいい!

質感もちょっとマットだったりして

なんちゅうか、、
女子の気持ちに寄り添ってくれますよね!!


Img_2973

「重山」さんの人気製品.
Mマグです。
安定感があって、たっぷり入って使いやすい!!
ほんとカラーがかわいい!!!

お値段おどろきの
ひとつ1425円!!
いくつもそろえたい!!

重山さんには
絵付け教室のお友達が
勤めていました。

もう今はいない、とわかっていても
不思議ですね、やっぱり顔が浮かびます。
食器って肌に触れるからか、
そういう気持ちになりますね。


Img_2976

はしおきは
「はしおきの名手」京千さんのもの、
それから
瑞光さんの「コルクはしおき」を仕入れました。

「京千」のチヨちゃんは最近会ってないけど
元気かなあ。


Img_2993

今日、追加で仕入れたのが
このビスケットプレート!!!

「一誠」さんの製品です。

一枚691円!!


Img_2995

ほんとにビスケットみたいー
めちゃかわいー!!

フラットなところがいいよね!
アイディアでいろいろできそうです。
アクセサリーをのせてもいいかも!!


Img_2992

私のはじめての
波佐見焼仕入れを手伝ってくれたのは
TOMO‘Sファクトリーのトモさんです!

覚えてますか、トモさんは
ハカタDEはさみのとき、お向かいのブースで
アナウンサーをしていた、、、!!
あの、エエ声の、、、!!
顔もべっぴんの、、、!!

ご縁がつながってうれしいです!!

トモさんはさっきのかわいいキーポの
プロデュースもされたんですよ!!
VIVA!!ガールズパワー!!!


Img_2998

今日ご紹介した食器は
本日、波佐見から北海道に旅立ちました。

さあ、名寄に買いにきてね!!!!

いや、ちょっと遠すぎて無理だわ、、、
という人には朗報!!!
トモさんのネットショップから買うこともできます!!
(ぜんぶの商品があるわけではありません)
(松原工房から来たと伝えてくれると好感度アップします)


あらためて、しみじみ思います。
波佐見焼は
波佐見町で
波佐見町民によって作られてるんですよ!!!
私たちも
その末席に
10年も座らせてもらい、感謝しています。

|

名寄に持っていく食器はこちら!(前編)

8月の営業日はこちら
北海道名寄市の催事は8月27日(月)から!

Img_2988_2

名寄の催事出店はいよいよ
来週月曜日から!!

松原工房は
「ヨナタンストア」として(注:社名はヨナタン)
松原工房と
他の窯元さんの波佐見焼をたくさんもっていきます!!

勝手に波佐見陶器市!!

Img_2897_2

今回、初めて
自分たちの製品以外の波佐見焼を
扱うのですが

「波佐見焼ってかわいいな!!」

Img_2962_3

見て下さい、このかわいさ!

「西山」さんのデイジーシリーズ!!
私も普段、家で使ってます。


Img_2963_3

ていねいに
手で彩色されて
ムラがいい感じ!

深い藍色も
食べ物が映える色!

表面のカラーも
ふんわりグレーっぽく
北欧風でステキです。

たしかデザインは
焼き物学校の同級生のI君です。


Img_2964_3

しっかりした作りなのに
お値段お手頃!

カップが1080円!!
えー!!!


Img_2965_3

スープカップにもなる
マグカップが
1944円!!
まあーー!!


Img_2966_2

22センチもある大皿が
2808円!!
アイヤー!!!

これは欲しいでしょ!!!


Img_2969

そして波佐見焼で一番有名な窯元といえば
やはり白山陶器!

おくださんも白山のデザイナー
森正洋先生に憧れて
この世界に入ったようなものです。

とっても使いやすくて
大人気アイテムの
「重ね縞」シリーズ、各種持って行きます!!

お値段は
中皿1620円〜特大皿6480円まで。
一番人気の長い魚皿サイズは1620円です。

Img_2996

白山の人気のシリーズ
「ブルーム」のどんぶりも二つだけ持って行きます。

理由:売れ残ったら佐野家で使いたいから

Img_2997


ブルームはね、
この花柄、職人の手描きなんですよ!!
見えないでしょう〜!
印刷みたいな精緻さでしょう〜!

後輩の
ちえちゃんやアオイちゃんが
かつて毎日毎日一生懸命
手描きしてたんです。
ブルームを見ると彼女たちを思い出します。

ブルームはとても人気シリーズで
どの商人さんに聞いても
「なかなか入手できない」とおっしゃられます。


Img_2970


お次はこれ!!
手のひらサイズのしょうゆ皿!!

千鳥や瓢箪、亀甲など
和のおめでたい模様がプリントされています。

いくつも
並べて使いたい!!

こちら
驚きの一枚432円!!!

「安くてかわいい!!」で
一気に波佐見焼を世に広めて下さった
「和山」さんの製品です。
社長はやさしいです。
工場長もやさしいです。

和山さんには大きな大きな窯があって
24時間焼き続けています。
だから窯の番は夜勤があります。

その夜勤を担当していたのが
元スタッフ、かおりちゃんのダンナさんの
ふじもとくんなのです。

かおりちゃんはいつもいつも
夜勤にお弁当を届けていたそうです、、、涙


(後編につづく)


|

2018年8月20日 (月)

明日8月21日(火)臨時オープンです

8月の営業日はこちら
北海道名寄市の催事は8月27日(月)から!

Img_2858

明日8月21日(火)は
お休みと言っておりましたが

焼きたてホカホカが(!)
多数入荷するため(!)

臨時オープンいたします!

12時〜17時のオープンです。
お待ちしております!

| | コメント (1)

2018年8月18日 (土)

送料改定のお知らせ

Img_2722

おもしろくないお知らせです!

この春から
配送各社が一斉に送料値上げしましたね。

ふんばってた松原工房も
ついに送料値上げとなりました、、、

ネットストア、店舗からの直送ともに
8月より以下の金額となっております。

九州・中国ーーー¥1,000
近畿・四国ーーー¥1,100
東海・北陸ーーー¥1,200
関東・信越ーーー¥1,400
北海道・東北ーー¥1,600
沖縄ーーーーーー¥1,200

(すべて税抜き価格です)

代金引換手数料は +¥370


松原工房の配送会社は
創業時から一貫して
われらが日本郵便なのであります。


職業柄、
波佐見郵便局員さんの奮闘は
実名や実写でお届けできませんが
これまで数々の
感動物語を届けてくれてます、、、
多分、松原工房ネットストアの
常連さんの名前は言えるくらい応援してくれてます、、、
このブログも読んでくれてます、、

今回の値上げも
さわっち(郵便局員さん)がかなり本社と交渉してくれました。
最後はあと2円!!あと1円!!と
競りのようになってました。

地域によって20円〜200円の値上げとなります。
ご負担、本当に申し訳ありません、、、
それから三重県は「近畿」ではなく「東海」だそうです。
これまでずっと間違えてて、すいません、、


しかし毎回言いますが、

波佐見町に来るより、安いです!!!


| | コメント (0)

最近のことなど

8月の営業日はこちら
北海道名寄市の催事は8月27日(月)から!

Img_2934_2

暑いですね!
さのさんが黒いです!!

先発で移住したさのさんは
北海道の夏を満喫しています。
お盆はキャンプしてたみたいです。

「ハイジをアルムの山に帰した気分です」


Img_2891

もう8月も半ば。
9月になったら秋がきて
あっという間に冬がきて
春になったら松原工房は終了し

新しい暮らしがはじまります。

おくだもおおたさんも
次のステージに向けて
いろいろ準備をすすめています。
悩んだりもします。

おくだは
もう一度母校の窯業大学に
週一回通いはじめました。

できないことや
知らないことを少しでも身に着けておきたい、、

↑絵の具の材料になるニカワを
3日3晩煮込む授業。


Img_2892

絵付けを10年間
吐くほどやってきましたが

知らない技法や
扱えない絵の具については
知らないままです。

有田焼の伝統工芸士の先生に
教えていただいてます。
先生は70歳裸眼で
スイスイ筆を動かします。

↑先生作品。
こういうスタイルを万暦赤絵というのですが
同名の志賀直哉の小説をやっと読めました。

「せんせー、めっちゃ絵付けうまいですね、、」
「志賀直哉って小説めっちゃうまいっすね、、」
↑アホの学生になっています。


Img_2736

最近はお店の営業日も少なくて
あまり人と話してないので
ちょっとさみしいなあ

と思っていたところに
ヒイラギのごーくんがお使いにやってきてくれました。

ごーくんはホニャネットを卒業し、
この夏、独立したのです!

事業始めたてのごーくんと
コーヒー片手にあれやこれやおしゃべりしてたら
お話弾んで弾んで

4時間しゃべってました

主なトピック:「確定拠出年金について」「会計ソフトの選び方」
「離岸流の見極め方」など。


Img_2939

ヒイラギのはねは
今日から佐世保のテマヒママルシェというイベントに出場中!

催事前日の忙しい時に
パートナーが4時間油売ってきたら
私だったら百叩きですね!
すいませんでした。

めっちゃかわいい速報写真が届きました。
佐世保近辺のみなさん、ぜひいってみてね、
いろんなお店が大集合!とっても楽しそうです〜

|

2018年8月 9日 (木)

チャレンジ1年生

Img_2698

北海道・名寄
西條のイベントは今月末!

このイベントは
さのさんの幼なじみの
ミカちゃんが出店を誘ってくれました。

ミカちゃんと私は
まだ会ったことが無いのですが

「北海道を揺るがす催事の女王」
「とにかく売る」


札幌でも噂は聞いておりました。

それがさのさんの幼なじみとは、、!

「あ〜ミカは、小さい時から頭よかったしな〜
スピード感もあって、、もしかして
ようこさんと似てるわ!!ハハハハ!!
なに、君ら一緒に仕事すんの!!(大爆笑)」


Img_2700_2

田舎をなめんなよ!

この時勢、都会の流通に頼らず、
地方で自分のやり方で仕事をやっている人は
相当のキレものぞ!!

ミカちゃんと初めての仕事、私もいいとこ見せないと、、!

私は催事に行く時は
新しいことへのチャレンジを盛り込むようにしています。
だから
今回も、松原工房以外の商品も持って行く!

何にするか、、
焼き菓子、、
雑貨、、
コーヒー、、

いろいろいろいろ考えて、
計算して
決めたのはこちら!!新境地!!!


Img_2897

じゃーん!!

巷で人気の

波佐見焼!!

仕入れました!!!


Img_2898

灯台下暗し!
逆転の発想!!

松原工房だけでは
足りないアイテムや可愛いカラーの食器、
近所の窯元さんやメーカーさんの力を
お借りして、北海道に連れて行きます!!!


Img_2899

私が自分の製品以外に
一番語れて、
好きなものは
実は食器だったのです。

忘れてた!!

私は波佐見焼の職人として
そして商人として
西條の舞台で
新しいチャレンジをします。

白山陶器さん
西山さん
京千さん
重山さん
トモファクトリーさん
和山さん
瑞幸さん
といった
波佐見を代表する窯元、メーカーの食器を
私が一点ずつ真夏の倉庫で選び抜きました!!
どれもこれもめっちゃかわいいです!!

道北に波佐見のかわいい旋風が吹きますよ!!
お楽しみに!!


Img_2896_2

さらに!
波佐見には
オランダからの風も来る予感!!

松原工房ギャラリーで
この秋、楽しいことが起こります!!
詳細はもうすぐ発表!!

|

2018年8月 7日 (火)

ちょっと夏休み

Img_2825

松原工房の8月の営業日はこちら!
やってんのかやってないのか
わかんない日程ですが
内部では
毎日フル回転で働いております!


手足口病にかかったり
お風呂の排水溝にスーパーボールが詰まったり(泣)
子連れの夏を堪能しております、、

ストレス発散には旅が一番!
ということで


Img_2828

プロペラ機でわずか25分!!

長崎県五島に泳ぎに行ってきました〜!


Img_2831

ORCという離島専門エアラインです。
CAさんが観光案内したり(隠し撮り)
ノホホンです。


Img_2858

私にとって今年の夏は特別です。

来年、北海道に移住したら
むっと湿気が立ち上がる
エメラルド色の
西国の夏は日常的に味わえないのですから。


Img_2857


旅のおともは
やーこ(3歳)です。

三つ子の魂百までとはよくいったものです。

お仕事は大事なこと。
旅をすること。

この2つはちゃんと教えることができてます!
その他は雑ですが!

「おかーさん、空港では手をつながんばよね!!」


Img_2842_4

ビーチで初ナンパされるやーこ

「いっしょにあそぼ、、」(4歳くらい男子)
「イヤ」
「バケツ貸して、、」
「ダメ」

はっきり
NOをいうのも三つ子魂。

Img_2851

五島の海水浴場では
なんと
「流し五島素麺」もあります。
この素麺台すごいですね!!
排水もして水が循環します。
インベーダーゲーム機みたいな専門性ですね!!


おかあさんは素麺を流しながら
食べさせながら食べながら
生ビール飲みながら
撮影をしています。

人生あきらめたらアカン!!


Img_2852

興味のある人は
調べてみて下さい。


Img_2861

地元の夏祭りをひやかしたりして
一泊し、

(来年の春まで使えるキャッチコピー発見)


Img_2870

翌日は福江観光です。
最近キリシタン関連が世界遺産に登録されたので
沸き立っております。

福江城に行きまして、
学芸員さんとブラタモリ風におしゃべり。

「1863年築城、1872年廃城って、営業わずか9年ですか!
松原工房より短いですね、、」
「そうなんです。黒船対策で作ったのに
明治維新後は反体制派のアジトにならないために
すぐ解体になりました。」
「本丸跡地に高校が建ってるんですね〜
本丸再建は話が出なかったんですか?」
「あ〜、みなさんそうおっしゃいますが
本当の城の値打ちというのは
建物ではなくて石垣なんですよね。石垣は1600年代からありますので
マニア垂涎のいいやつが残ってて、、」

城の値打ちは石垣。

また一つなにかを覚える43歳児。


Img_2872

昔からおおたさんも着目している
奇祭「ヘトマト」のパネル展示もありました。

松原工房ではちなんで
クタクタに疲れることを
ヘトマトと言います。


Img_2878

城下町の武家屋敷を
改築してできたばかりの美術館があるというので
行ってみました。

ジブリの背景画家、山本二三(にぞう)氏の
私設美術館。出身地なんだそうです。

これがよかった!!

「ホタルの墓」の赤い夜、「じゃりんこチエ」の大阪の下町、
「時をかける少女」の青い空、「もののけ姫」のシシ神の森などは
彼の手と眼によるものです。
背景画、というジャンルについて
はじめて真剣に考えました。


Img_2883

ほら、五島の空は
「時をかける少女」の空とそっくり!!
アニメ界では二三雲(にぞうぐも)って言うんですって。


Img_2886

やはり感性が鈍っていては
なにもできない。

ちゃんと旅に出て
いろんなものを見て
いつも学ぶ気持ちでいなければ。

とリフレッシュもつかの間。

急に飛行機が欠航になって
船に代替になりました。
到着する港と、駐車してる空港がめっちゃ遠いし!!

イラつく私に
「おかあさん、プリプリしないの〜!
お船も飛行機ものれるんでしょ〜」

3歳児はお肌も心も汚れていません。


オーダーメイドについてのお問い合わせありがとうございます。
オーダー内容については受付がはじまりましたら
詳しくおうかがいしますのでもう少しお待ちくださいね。

|

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »