« プレイバック森ジャム | トップページ | プレイバック北海道<番外編> »

2018年7月21日 (土)

プレイバックえべつやきもの市

Img_2648

さて、
さのさんは6月から下川町民になりました。
おくださんは波佐見町民なので
現在、世帯が分かれています。

税金とか手続きとかが
かなり面倒くさくて
離婚したろかとしょっちゅう考えています。

それでも家が2つ、それ以上あるのは
便利ですね!!

下川町の森ジャムを終え、
江別市の「えべつやきもの市」に行くのも
北海道内だから、、、!
ラクラク移動、、、


Img_2653_2

って
ここどこ!!

なに、この旅情!!!

北海道は広いです、、、


Img_2659

会場入りしたら
久しぶりに会うゆきみちゃん!!

ゆきみちゃんは
2015年下半期、
松原工房札幌4プラ店での店長をつとめてくれました。
その後オーストラリアに留学して
すっかりたくましくなっています!


Img_2661

今年は松原工房としての出場は
最後になる江別!

史上最大量を持ち込みました!!

売るで!!!
さあ売るで!!!

Img_2663_2


ヒロさんは
自分の展示会の会期中なのにお手伝いにきてくれました!

「ヒロさん!!福袋の詰め合わせをお願いします!!」
「はい!!ただいま!!!」

Img_2662

今年は食器のお店と

Img_2668

アクセサリーのお店の2店舗開催!!!

千葉さんの代打です!!
がんばるぞーーーーー!!

Img_2667

10時に開店!!!

と同時にこの人波!!!

生きててよかった
と思える瞬間です。
この画像は現在私の待ち受け画面であります。

売る!!売る!!
こういう時のコツは自分はたこ焼き屋さんだと思うことです。

Aさんの商品を包みながら
Bさんがお会計を用意されるのを待ち
CさんやDさんとお話しする。

お待たせしつつ、
全員をつなぐ!!!


Img_2674

人が途切れません!!
噂を聞きつけた千葉さんに
「まるで全盛期の○○さんみたいじゃない!!」と褒められました。

江別やきもの市は歴史が長いので
その時々で
時代を象徴する売れっ子作家さんがいるようです。

そんな風に言ってもらえるなんて、
生きててよかった!!!


Img_2678_2


大盛況の1日目を終え、
2日目は

史上まれにみる大雨でした。

人生いろいろであります。


Img_2682_2

早々に撤退するブースも多く、

「あ〜なんか、、無理しないでね〜」
と申しましても
ゆきみちゃんとO島さんはガッツ全開で
トレイに入れたり
風よけ作ったりして
なんか売り続けてる!!

飲食ブースも商売あがったりです。寒いし。

そこに仕込みをしてしまったであろう
インドカレー屋さんが

メニューを持ってご用聞きにやってきた!!!

一軒一軒テントを回るんですよ。
客がいないなら出店者に売る!
この商魂!!さすがの印僑!!

おくだは猛烈に感動し、
5000円分、カレーを買いました。


Img_2726

つらい局面では
あきらめるか
粘るか、二択なのです。

無駄にがんばってもいけません。
体を壊したり、明日以降に差し支えたりで
トータルで見たら撤退することも勇気なのです。

でも
粘りはやっぱり、ひとの心を動かします。

大雨の2日目にもかかわらず
松原工房、2日間の売上は
史上最高額、前年比148%を叩き出しました!!
私はレジスターを抱えて白目むいてました。

来て下さったみなさん、
応援して下さったみなさん、
派遣兵をおくってくださったみなさん、
お手伝いして下さったみなさん
場所の提供のみならず、ずっとお世話してくださった千葉さん

本当にありがとうございました!!!

|

« プレイバック森ジャム | トップページ | プレイバック北海道<番外編> »