« PS:松原工房より(4) | トップページ | ゼブラはじめました »

2018年3月 9日 (金)

PS:松原工房より(5)

<松原工房は2019年春に活動終了いたします>

今年の陶器市は4月28日(予約制)がプレ初日、29日(午前のみ予約制)が初日です!

ただいま時短営業中です。ご来店の時はお気を付けください。


あんまりしゃべりすぎるのもよくないですね。
これでPSシリーズは最終回です。


さて
ヨナタンは松原工房だけではない!という話をしましたが

法人化する時に法務局に
業務内容を申請します。
いくつ書いてもいいのですが、
もしあとから書き加える時は費用が発生する、ということで

書くわ書くわ(笑)

陶磁器製造販売、雑貨の販売、衣料の販売、カフェの経営、ギャラリーの経営、
なんでか不動産業まで書いてました。
(最終目標:大家さんになること)


おくだは来年、波佐見を離れます。
陶芸を続けるにしても、
食器産地ではない場所に引っ越しますので
これまでのようなペースで
食器を作ったり売ったりすることは難しくなります。
そうすると必然的に
なにか違うものを作ったり売ったりしなくてはいけない。

それはなんだろう。

なにがしたいんだろう。

なにができるんだろう。

とまるで15歳のように
考えたここ数ヶ月でありました。

私が「松原工房」の社長なのであれば
松原工房解散=引退または失業です。
しかし私は「ヨナタン」の社長なのです。
ヨナタンの新事業はなんなのだろう。
なにをしようかしら。

そんな風に考えられたので、
やはり会社にしていた意味がありました。

それで
まあ少しずつ
やりたいことや
やれそうなことが見えてきて
あと1年のあいだ
ちょっとずつトライして様子みていこうかな
と思っております。


だからあの、
松原工房が食器屋さんなのに
いきなりなんか違うモノを売ってても
「なんかおくださんが実験している、、、」と
暖かく見守って下さい。

最近店には
唐突に
「ギンビス アスパラガスビスケット 172円」が登場していて

二度見されてます。


(おわり)
(最終回ではありません)


|

« PS:松原工房より(4) | トップページ | ゼブラはじめました »