« 親子ボウルの価格は! | トップページ | 一ヶ月切りました »

2018年3月26日 (月)

松原工房に春が来た

<松原工房は2019年春に活動終了いたします>

今年の陶器市は4月28日(予約制)がプレ初日、29日(午前のみ予約制)が初日です!

ただいま時短営業中です。ご来店の時はお気を付けください。

Img_1474


<これまでのあらすじ>
陶芸でプロになることを夢見つつもパッとしない関西出身フリーターの
おくださん(派手な方)とおおたさん(地味な方)。
21世紀の初め頃、陶芸の産地、長崎県波佐見町で
過不足を補い合う奇跡の出会いを果たし、松原工房としてデビュー。
地域おこしブームや手づくりブーム、北欧ブーム、ベンチャー志向といった
時代の風にのりつつ、誰にも似てない独自の窯元として10年ちょっと経過。
なんとかプロになれました。やっと自分たちの居場所を確保しました。
しかしながら去年末、いきなり解散を発表。
その背景にはおおたさん(地味な方)が
国家資格「伝統工芸士:波佐見焼成形部門」を41歳の若さで取得できたということがありました。
日本晴れの3月25日、
松原工房の記念すべき一日の始まりです。


Img_3931

おおたさんの家族!

弟さんは双子です!!
笑うところではありませんよ!!

Img_3945

そして
一番身近な人たち!

今日はお祝いです。
みんなオシャレして
いいホテルに集合です!!

Img_3960

なんと総合プロデュースが
おおたさん!!(地味な方)

会場手配も予約も
招待も記念品もスピーチも

おおたさんがやりました!!


「ちゃんとしろ!!着物ぐらい着ろ!!」という
おくだ(派手な方)の
怒声にもちゃんと対応しました!!

がんばった、、、!

Img_3966

「今日は謝恩会です。これまで本当にお世話になったみなさんに
ささやかな宴席をご用意させていただきました。

みなさんがいなければ、私、伝統工芸士には、、」


Img_3968

「なれなかったと思います!!」
(本人の声)
(会場全員の心の声)


Img_3970

「お母さんありがとう」
「なんとかなってよかった、、」


Img_3972

おおたさんのお母さん、
そして
「波佐見の両親」西海園芸の社長夫妻(ゆいちゃんとしずこさん)

師匠、故中村平三先生の奥様(かちこさん)
「主人もきっと喜んでいると思います」

松原工房の大家さん(なちこさん)
「うちの工房から伝統工芸士が出るなんて、、涙!!」


Img_3963

元スタッフのハルちゃん
かおりちゃんとかおりジュニア

そして
おくださんと
さのさん
おくだジュニア

みんなで迎えた晴れの日です!!
おめでとう!
ありがとう!

Img_3969

あの、今日、さらに発表することがあります。

僭越ながら、
伝統工芸士として今回、雅号をつけることになりました。

本名「ゆうこ」って
食器の裏に書こうとしたら
おくださんにめっちゃ怒られて、、

「スナックのママか!!あるいは八つ橋か!!!」って、、

それで、そういうことに詳しくて
書道の師範代でもあられる方に
命名をお願いしました、、

Img_3973

かおりちゃん!!!

一生懸命、漢字を調べて
時間をかけて
名前をつけてくれました!

梨祐(りゆう)といいます。

梨は果物の梨、
きれいな白い花を咲かせ、清潔な果実。
刃物でスパッと切る、という意味もあります。

祐はゆうこの祐。
神のご加護で
ひとをたすける、という意味があります。
加えて、
右手に持って捧げる器、という意味が、
なんとあったんですよ!!

「波佐見焼伝統工芸士・梨祐」

ああ、とてもきれいですね!!

Img_3975

認定証。
そして
この場にいてほしかった
亡くなったお父さん、師匠の平三先生。

「本当にありがとうございました。
これからも、これからもがんばります」


Img_3984

「おおたさん、毎日コツコツと作られる姿をずっと見ていました。
本当におめでとうございます」

「えーん、ありがとう、、」

Img_3971

「職人は日々鍛錬。妥協せずに」

さのさん(子守り担当)はこういうとき意外と
しっかりしたことを言います。

Img_3983

「あのさ!松原工房はすごかですよ!!
波佐見焼でさ!!
なんかシマシマとか水玉とかの絵柄はさ!!
全部松原工房のマネなんですよ!!」

ゆいちゃん、私でも言いにくいことを
はっきり言ってくれてありがとう。
報われます。


Img_3955

それで、撮影ばっかりして
全然おくだがうつってないじゃん!!


「モノを作る君より
せっせと売る私のほうが
どんだけ激務で責任重大か!!」と

いつもいつもブツブツ言ってましたが


本当は
モノを作る人間が一番エラいに決まってる。


おめでとう、おおたさん。


|

« 親子ボウルの価格は! | トップページ | 一ヶ月切りました »