« 松原ストア、年内の営業終了しました。 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2016年12月31日 (土)

2016年の終わりに

P1015742

いよいよ2016年が終わります。
今年も一年、本当にありがとうございました。

松原工房は今年、
奥田と太田のほぼ2人ですべての業務を行いました。
一昨年には一時期最大7人でやっていたことを
たった2人でやることで、
あらためていろんな人に支えられ、たくさんの力を借りていたのだなあと
痛感した一年でした。

特に元スタッフの
ハルちゃんかおりちゃんには
たくさんの遺産を残していってもらいました。
そのおかげで今年をやり抜けたと言っても
過言ではありません。
この場を借りて、ありがとう。
いまもアトリエとストアには
2人の息吹が残っています。

とはいえ交代人員がいないので
体力的につらいときももちろんありました。
そんなとき、いつも絶妙のタイミングで
励ましてくれる友の会はじめお客さんの
たくさんのお言葉に背中を押されてがんばれました。
いつもいつもありがとうございます!

今年は6月に
法人化したことも大きな出来事でした。
これはフリーマーケットの露天から出発した
松原工房にとっては大きな階段です。
そして今年は
ふたりとも人並みの税金をはじめて納めました。
税金なんてできるだけ払いたくない!
と言っていた若い時期を過ぎ、
働きを社会に還元出来ることをうれしくおもっていますマジで。


さて、来年の松原工房はいよいよ
太田が伝統工芸士の試験にチャレンジします。
実務期間12年の受験資格にやっと到達したのです。
手ろくろの仕事を認定する最高峰の資格です。
簡単に合格は出来ないのですが、このチャレンジで
松原工房も大きな節目を迎えることになりそうです。


そして松原工房ストア周辺の再開発計画が
進んでいることに伴い、
ストアの移転も現実味を帯びてきました。
波佐見町にたくさんの恩恵をうけてきた私たちが
波佐見町に恩返しできるような、次なる進展を考えています。


そして若いつもりでいた私たちも
2人とも気付けば40代です。
仕事、家庭、子ども、自分の夢、お金。
私たちはけして特別な「陶芸家」ではありません。
みなさんが悩んでいるのと同じように
私たちも日々もがいています。


それでも暮らしの中で
気に入った食器をやわらかくさわったとき、
気持ちがほぐれること。
少し前向きな気持ちになれること。

使って下さるみなさんが教えて下さった
その「食器の力」を信じて
まだまだがんばっていこうと思います。


2016年、本当にありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。


どうでもいい追伸:
おくだ個人が2016年に一番やってよかったことは
「ワキのレーザー脱毛」です。
たった3万円で私のワキはつるつるになりました!!
これまでの40年はなんだったのか!!
悩んでる人は一日も早くやった方がいいですよ!!!

P1015740

チラ見せ。
アクセサリーの福箱は
ネットストアにて明日19時販売開始!!

|

« 松原ストア、年内の営業終了しました。 | トップページ | あけましておめでとうございます »