« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

クリスマスシーズンのはじまりです!

P1010873_2

札幌おくだです!

毎年人気の
まめ皿二個入りギフト、
今年も作りました!

札幌では販売はじまってます。

今年は
ララストライプ×いろ玉 箱入り¥1,400
トルコブルー×インディゴ玉 箱入り¥1,400(来週発売)

の2種類です。
モコモコのリボンがついて
クリスマスのちょっとおみやげや
プレゼント交換にぴったり!!


P1010874_2

クリスマスチャームもできました!

今年のチャームは
パステルマットで
まるでやきもののクッキー!!

ツリーにぴったり!
消耗しない、長く使える、お飾りです。

P1010875

猫とか
鍵とか
家とか

可愛いモチーフが4つずつ入ってます。
¥1,000です。


15_3

今年のクリスマス無料ラッピングはこんなの!

うすグリンのペーパーに
モコリボンです。

波佐見店では
ボックスでの有料ラッピングもしています。


16_4

札幌の町はイルミネーションが点灯し
大通公園ではクリスマスマーケットがはじまりました。

観光客も増えています。

おくだはなんでも箱買いする
ガッツあふれる
東アジア観光客たちから
力をいただいております。

私もまだまだがんばらなければ、、、海は渡れないわ!

|

2014年11月28日 (金)

旅にでています

7_3

札幌からおくだです!

一日の仕事をおえて
4プラを見上げるのが好きです。

自分にこんなに愛社精神があったとは、、、!

17_2

札幌に出店した理由のひとつに
ちゃんと小売業の精神を学びたい、というのがあります。

私はかつて
会社員がつとまらない
陶芸家をめざす
自分勝手な女の子でありました。

なんか最近は
中小企業の社長みたいな動きをしていますが、、、

食器を作り続けたい
自分たちのスタイルで販売したい
それを続けたい

そのためには
もっともっと世界を、社会を
知らなくてはいけないと感じています。


P1010853_4

4プラ7Fには
自分の足で商品を探し、
自分のお店を試行錯誤して作り上げ
独自のルートとお客さんを持つお店が多い。

そんなお店のオーナーたちと
お話しするのは
とっても刺激的です。

体当たりでお店をつくりあげ、
おおざっぱなくせに、細かいところはとても繊細な
BBCの星川さん

すごいルートと人脈と
審美眼をもっているくせに
それを感じさせない
ペギーズの荒川さん(現在ヨーロッパ買い付け中、ブログ面白いです)

売り上げのこと、仕入れのこと、
スタッフのこと、社会保険のこと、
将来のこと、日々のこと。

これまで誰にもいえなかったような話を
毎日、聞いてもらったり、聞かせてもらったり。

P1010840_2

松原工房なんて
まだまだだーーーーーーーー

謙遜でなく
ほんとにそう思うので

上には上がいると

まだまだ大海原は広がっていると

ほんとに気付くので

それだけでも
北海道に来た値打ちがありました。

それが旅ですよ。

|

2014年11月26日 (水)

恋の町札幌

20141126_1005_2

こんにちは!
最近はお客様だけでなく
家族にまでブログで安否確認をされるようになりました、
札幌からおくだです!

髪の毛を切りました!
気に入ってます。

さのさんに
おときさんみたいでステキや」とほめられました!
さのさんは熟女好きなので
安心して年をとれます!!


300_2

↑おときさん
「獄中結婚の人やな」 byおおたさん


15


北であり、東である札幌は
九州と気候もちがうんですが

日の出日の入りも全然ちがいます。

これで16:30!!

北欧か!!!

P1010835

なんとなく、
札幌店と波佐見店は
毎日売り上げ対決をしているのですが

いい勝負であります。

人口15000人の波佐見町と
人口200万人の札幌市周辺。

観光地と消費地。

接客も品揃えもお店作りも
ふたつを比較することで
たくさんの課題がみえてきました。

札幌店はオープンにあたって
2000点!以上商品をもってきたので
本店スタッフがみたら、キーーーーッとなるくらい
まだまだ在庫がわんさかです。

ぜひ札幌周辺の方々、あるうちに買いにきてください、、、、


P1010828_2

波佐見店にも
焼きたてが入ってまして
毎日ストアブログ
紹介されております!

最近のストアブログ、おもしろいよ!


P1010870_2

札幌ストアは一足お先に
クリスマスディスプレイになりました。

クリスマスは
すきなひとに
ありがとうのプレゼントをする日です。

私も合間をぬって
クリスマスプレゼントのお買い物に行っています。
たのしいです。

|

2014年11月23日 (日)

おくだ再び札幌です

みなさんこんにちは!
久しぶりのおくだです!

札幌ストアオープン以来、
「どこにいるのかわからない」
「忙しそうすぎて声がかけられない」
「生死さえ不明」

と話題のおくだですが、生きてます!
ってゆうか、働いてます!!!

札幌オープンのち、一度波佐見に帰り、
窯をたいて、再び今日から札幌です。

いったいいつの間に
私はこんなに働き者になってしまったのか。

最近はスタッフが増えて、
ストアブログが盛り上がっており、
おもしろいのでなんだか更新しなくても許してもらえるような気がしていました。
いやいや、いけませんね。

さておき
札幌は一ヶ月の間にすっかり冬景色です。

札幌の人たちは
北から目線
「寒いでしょー?寒いでしょー?」
と聞いてこられますが

波佐見の私の家の方が寒い

ということをはっきり申し上げておきます。
札幌は暖房が行き届いております。

今日、お客さんから
北海道弁を教わりました。

服を重ね着したときに
中の服がゴロゴロして気持ち悪い様子を

「たごまる」(動詞)というんだそうです。

たごまる。
寒い国ならではの単語ですね!!

「本州ではそういう状態をなんていうんですか?」と聞かれましたが
それは
「中の服がゴロゴロして気持ち悪い」
としか言いようがありません、、、、

ともあれ
波佐見と札幌を行き来するおもしろい暮らしになってきました。

波佐見では日々
「合鴨農法のカモでカモ鍋」とか
「ニャンちゃんがヘビをとってきた」とか
「イノシシがストア近辺まで襲来」とか
そういう話題が多いのですが

札幌は都会であります。

きらびやかな都会の恐ろしいところは
お金がなければ飢え死ぬというところであります。

札幌に旅立つ直前
財布をみたらお金がありませんでした。
かといって銀行にあるわけでもないので
そのまま行こうとしたら
かおりちゃんが売れたばかりの売上金をレジからくれました、、、
うれしかったです、、、

札幌は都会でありまして
都会のすばらしいところは 文化的ないろいろがあることでして
おくだのアパートから徒歩1分!のところに
ミニシアターがあるのです。
シネコンじゃなくて、あの!ユーロスペースみたいな、アレです!!
すごくないですか、思いついたときに映画が見れるなんて!!
上映スケジュール見ながら
京都で一人暮らしをはじめたときのような感動を味わいました。
ちなみに
波佐見ではツタヤに行くにも一山越えないといけません。

私は貪欲にできているので
我慢をするのが嫌いです。
何かのために何かをあきらめたり
あきらめるために何かのせいにしたり
するくらいなら
全部やります。

楽しい田舎暮らしも
楽しい都会暮らしも

これからたっぷり味わって
みなさんにお伝えしてゆきたいと思います!!

今日はカメラを忘れたので
文字だけですみません。

せっかく札幌にいるのに
餃子の王将にばかりいってしまう
おくだでした。

|

2014年11月15日 (土)

札幌経済新聞にのりました!

1

わーい!
移動ストアのときにつづいて
札幌経済新聞さんにのせていただきました!ありがとうございます!!

移動ストアのときは
この記事がきっかけでいろんな出会いがありました。
今回も楽しみです!

札幌経済新聞から、はじめてこのブログを見てくださったかた、
はじめまして!松原工房です!

ブログはたっぷり6年半分あるので
さかのぼって読んでください!!

ちなみに「応募者全員もらえる子ねこ用トイレ」は
もちろん、ニャンちゃんはゲット済みです!!


|

2014年11月14日 (金)

自由な市場にしてくれ

P1017651_2_2

松原工房札幌ストアのある
4丁目プラザ7Fは
フロアの名前が「自由市場」といいます。

よくフリーマーケットを
free market と表記しますがあれは間違い。
「フリーマーケット」は
本当は「flea market 」で「蚤の市」のこと。

しかし4プラ7Fは
「自由市場」で「free market」なので正解!

自由な市場なのだ!

P9090307_2

4プラ7F「自由市場」は
名ばかりの自由市場ではありません。

そのスピリッツ、歴史ともにほんとに「自由市場」なのです。

札幌オリンピックの直前、1971年に誕生した4丁目プラザ。
札幌初のファッションビルとして注目を集めますが
すぐにパルコなど競合店が出店されます。
そんななかで独自色を出すために開かれた7F。

大企業のお店ではなく、
個人経営のお店ばかりを集め、どこにもないもの、
自分で作った物をまるで闇市のように集めたのです。

いまでいうチャレンジショップのはしりです。


P9080278_2

実はお家賃も売り上げの歩合制。
まさかの保証金もなし!

商品とガッツが買われたひとたちに
チャンスが与えられます。

でないと
個人であんな街のど真ん中にお店出せる訳がない!!


P9080279_2

40年経った今でもそうなんですよ!

4プラとしては利益度外視の
まさに夢を売る、自由市場なのです。

だから松原工房でも出せたのです!


Matubara_2

特に80年代前後は
熱意のあるオーナーさんが多く、
中高生がお小遣いを握りしめていく憧れの場所だったそうです。

札幌在住の40代くらいのひとは
自由市場の話をすると
「あそこの角のあの店に通って、、」となつかしい顔をされる。

BBC星川さんもそんな一人だったそうです。
星川さんはこんな風に書いてくれました。

松原工房のような我が道をゆくお店が
我が道のまま、のびのびと支店を出せたのは
自由市場だからこそなのです。
本当にジャストミート!と感じています。


Pc051334_2

お金がなくても
休みがなくても
体がキツくても

私にとって一番大事なことは
自由であること。

自由に商品をつくり
自分の思いつくままにお店をひらきたい。

同じような気持ちの人、
札幌4プラ自由市場はいつでも出店者募集中なのですよ!


|

2014年11月 9日 (日)

メイキングオブお店

P1010684

美しい札幌ストア!!

おかげさまでなんとかできたのであります!!

なにもかも不慣れな環境で、
おくだひとりとアルバイトさんで
6日間で出来るのか!とっても不安でした。

「おおたさ〜ん、出来るんかな〜」
「あ、出来るで、おくださん日本人やしな。
サグラダファミリアなんか
日本人だけでやらせたら2年で完成するとウチは思ってるで」


P1010623_2

その言葉を胸に、
とにかくやるしかない!

今回は大工のけんちゃんもいないし、、不安、、

しかし今回の強い味方は
札幌の大工さんのひろべさん。

自分たちではできないベースの部分を
まずしっかり作っていただいたら
これがぴったりリクエスト通り!さすがプロ!


P1010580_2

ひろべさんは
あらかわさんにご紹介頂きました!

「ところであらかわさん、何歳なんですか〜」
「あ、57歳です!!」

P1010574_2

塗装はプロに頼むと高いので
自分たちでやる。

魚をもらうのではなく魚つりを教わる。
私はなにかにつけこの言葉でやってきました。

学生アルバイトのななみちゃんに
けんちゃんから教わったことをすべて伝授する。

「マスキングで勝負は決まる!
フチドリを丁寧に!塗るのは最後のお楽しみ!」

P1010602_2

どんどん上達するななみちゃん。


P1010613_2

ラッキーとばかりに
おくだは楽しそうなとこしかやらない。

P1010620

ちなみに水玉模様は

「特大:ブラウンブックスカフェにあったカゴ」
「大:奈良ホテルのクッキー缶」
「小:香港ペニンシュラの紅茶缶」

で丸く書かれました。


P1010624_2

ななみちゃんは一日の仕事が終わったあと
ペンキだらけの手をよく洗わずに帰る。

「ななみちゃん、手、洗わないの?」
「なんか、一日よく働いた気がしてこの手を見るとうれしくなるんです」

いい子だなあ。
モノをつくる楽しみを知ってる子だ。


P1010631_2

中日になっておおたさんが登場

まってたで〜とばかりに
スーツケースを置くなり
カーペット貼り。


P1010651_2

終盤、波佐見を守っていた
ハルちゃんかおりちゃんが登場。

この二人はいまの波佐見ストアを
すべてペイントし(生まれて初めてのペンキ)
その後それぞれ自宅を塗った強者です。


P1010641_2

出来立てのお店で初会議。

もう遠い昔のことのようだ。

札幌店、これからみなさんに育てていただきます、
末永くよろしくお願いいたします。

173

(おまけ)
現在、朝日新聞「人生の贈り物」欄で
さのさんの父ちゃんの人生が連載されております。
(全9回)
若いときの写真がさのさんとそっくりすぎて笑けます。
もしよかったらご覧下さい。

しかし美輪明宏、山田洋次につづいて
さのさんの父ちゃんって

「一体、どんなエライさんやねん!!!」
家族中でつっこんでおります。


|

2014年11月 6日 (木)

今日この日が人生

3i6a9030

札幌ストアのオープンにともない
波佐見からもたくさんお友達がかけつけてくれました!

そこで
札幌チームと波佐見チームの懇親会として
大宴会が開かれましたよ!

参加人数なんと19名!
みんな名札をつけての参加です。

乾杯のスピーチは
村長のゆいちゃん。


3i6a9000

札幌は4プラの事務局の方々に、
各店舗オーナーたち、
アルバイトで手伝ってくれたひとたち、などなど


3i6a9125

波佐見はおなじみ
町内会です。

スタッフ全員に
ゆいちゃん夫婦に
そうちゃん

それから


P1010771_2

かけつけてくれたのが
公式カメラマン、シュガー!!

宴会の写真はシュガーの撮影です!!

3i6a9060_2

会場はススキノのどまんなか!
「とにかく北海道丸出しな感じでお願いします」のオーダーに
でるわでるわ

石狩鍋

3i6a9153_2

毛ガニ

ホタテとか
いくらとか
でるわでるわ


3i6a9140_2

4プラ部長は私の札幌の父。

お祝いのスピーチをしていただいて
4プラ7Fの歴史を聞かせてもらいました。

3i6a9222_2

最後のスピーチはおくだ。

普段エラそうなので
こういうときにはきちんと感謝をのべねば。

ちゃんとしゃべれただろうか。

3i6a9251_2

一本締め。

いい宴会。

3i6a9273_2

ちなみにこの日はたまたま
おくだの誕生日で
スタッフたちがこっそりお祝いを用意してくれてました。

松原工房は女子の多い職場、
誕生祝いで経済負担や気遣いをかけさせては
お互い仕事がしにくくなる!と
職場での誕生祝い禁止令を出しています。

にもかかわらず
してくれたんやね。
ありがとう。


今日この日が人生。


|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »