« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

おまたせしましたネットストア!

P6274634_2

全国のみなさんお待たせしました!

7ヶ月ぶり!のネットストアですよー!!
今年前半はストアオープンに陶器市、
スタッフ増員によるシステムの変更などなど
何かと大騒ぎでしたの。
けして寝てたわけではありません。

P5314297_2

ラーメンどんぶり、
マグカップ、
イタリーシリーズ。
この半年で作った製品を
できるだけたくさんお届けできるよう
がんばります。


P4093605

お小遣いためて待ってくださってた方々、
ほんとにお待たせしました!
どうぞお楽しみに!
(バラは使えませんが)


P5314307_2

オープンは
2013年7月14日(日)〜16日(火)の三日間!
初日の14日は18:00スタートです。
製品情報やくわしいことはブログで日々発表してゆきます。

どうぞお楽しみに!

|

2013年6月26日 (水)

お届けしますフェア!

P6254600_2

先日のデビュー戦で大人気だった
「シャーベット玉」

アイテム増えました!
今日からストアで販売です。


P6254594_2

マグカップにも
「シャーベット玉」¥2,800
「いろ玉」¥2,800
そして復活、「マヨリカ」!
¥3,200です。


P6254598

これも復活アイテム。
「みずいろライン」のれんげ、
「よろけ青」のおはしおき!


P6254596_2

ストアでは
「お届けシステム」がやっと整いました。

旅行中にたくさん買って重い!
ギフトを直接配送してほしい!

そんなときには、ハイ、
発送いたします!

九州¥600
近畿四国東海北陸沖縄¥800
関東信越¥1,000
東北¥1,100
北海道¥1,200


かわいくラッピングしてお届けしますよ!

お中元や
お祝いに松原ストアをぜひご利用下さい!

お届けシステムスタートを記念して
7/10(水)まで
発送をご依頼の場合、
送料をなんと全国無料にしちゃう!!

無料よ、奥さん!
この機会に
あのひとにあれ贈ったら喜ばれまっせ!!
ぜひ松原ストアにおこしください!

(一回のお買い上げ¥1,500以上につき、一カ所の発送とさせていただきます)


|

台北一泊二日(その5)リベンジ小龍包

P6134447_2

はい、やってきました
こちら台湾点心の有名店、鼎泰豐(ディン タイ フォン)です!

あんまり有名すぎるので
どうなのか〜という向きもありますが、

「絶対行くで!!」


P6254602

だって
おくだが14年前、はじめて台湾にいったときに・・

「この写真、14年前のおくださんですか〜」

P6254601

鼎泰豐、一年に一度の休みに遭遇。

「わざわざ写真とったんですか・・」
「記録写真撮るから、ガックリしろ!ってやらせ強要したわ」
「この男の子、オチくんやんか〜」
「なつかしいご学友です」

P6134450_2

リベンジやで〜
中年になったおくだは
金に糸目はつけんぞ〜食いたいもん食うぞ〜


P6134453_2

はい、なんでもゆうてください!

オーダーは
「牧のうどん」方式。

漢字の国のひとでよかった〜


P6134460_2

酸辣湯おいしいってマダムマサコがゆうてたで〜
頼もう頼もう。
午前10時やけどビール・・
頼もう頼もう。

これ!かわいちゃん一押しの
豆苗炒め!
こんなごっついの
日本にはないよねー
おいしいよねー


P6134459_2

キター!!
小龍包きたー!!!


P6134464

いや〜
ウチちゃんとした小龍包、生まれてはじめてや〜

生きててよかったな〜

P6134466_2

うまい〜

P6134456_2

でもさ、おおたさん、
アツアツやけど
火傷するほどアツアツじゃないやん、
これってレンゲの上で食べる習慣のない日本人が
あまりにも火傷するから
店側が日本人にはわざとしてるんちゃうかな〜

この狭いフロアだけでホールスタッフ7人やで、
そりゃサービス料10%とらなやってられへんよな〜

またおくださんが
あっち側にいきましたよ・・


Cimg6242_2

世界10大レストランに選ばれたり
日本にもいっぱい支店あるし、
いつでも大行列のこの鼎泰豐。
有名店はだめになる、ってよくゆうけど
いやいや、むっちゃくちゃおいしいです!

ここでたべた「普通のチャーハン」は
人生で一番うまいチャーハンにランクインしました。


P6134487_2

まだまだお伝えしたい事は
カキ氷とか
マンゴーうまいとか
元の青花(染付)とか


P6144512_2

明の赤絵とか
なんで普通の菜っ葉炒めがこんなにうまいのかとか


P6134492_2

「人間地図」ってゆう
すごい名前のブティックが
めっちゃよくて片っ端から試着したったとか

ネギ焼き買い食いとか


P6144526_2

清水ミチコの一番好きな仕事は
「溶け込み」シリーズとか

いろいろおますが


P6154579_2

近くて
安いので
またさらっと行きたいです。

台北地下鉄カードは財布に入れっぱなしにしておこう。

ところで関西空港第2ターミナルは
ピーチ航空のみ
なんですよ。
一企業がノリに乗ってる姿をみるのって
おもしろいですよね。

「波佐見陶器まつりインター会場が
松原工房のみみたいな感じでしょうか。」

「全然無理やな〜」


|

2013年6月25日 (火)

台北一泊二日(その4)やきものフェルメール

25_vermeer_allegoryofthepainting_4

「やきもの界のフェルメール」!
我ながらうまいこと言うな〜

フェルメール、ご存知ですか。
17世紀、バブル真っ盛りの頃のオランダの画家です。


Vermeer_meisje001

光の粒と静寂が美しい絵です。
謎に包まれた人生と
現存する作品が37点(諸説有り)しかないことから
世界的に大人気の画家です。
日本ではここ15年くらい前からブームです。

一方でいち早くカメラを用いて制作していたり
信じられないほど高価な絵の具を使っていたりと
科学的、技術的にも
絵画の歴史に取り組んだ画家です。


2012081500001_1_2

美術館にとっては超お宝!

おくだは
1997年から「フェルメールつぶし」と題して
37点を世界制覇する、という下世話な趣味をやってます。

2013年現在、21点つぶしてますねん。


P6164585_2

さのさんもフェルメール好きです。
「おれも5点みたことある〜」

そう2000年に
大阪の天王寺
門外不出の「真珠の耳飾りの少女」はじめ5点が来ましたね!

天王寺で見れてしまったのが
なんだか残念な気もします・・

19_jan_vermeer_van_delft_008

前置き長いがな!

さて、台湾・故宮博物院のお宝、
やきもの界のフェルメールは

北宋時代の汝窯(じょよう)という
窯の青磁作品です。

全世界で70点くらいしか現存していません。
窯跡や窯の全容もよくわかっていません。

ひきこまれるようなブルー、品格、高い技術。
ごらんください!


02_k1b017851n000000000ab_2


201212110507380e6_2


172035505ea35129_s_2

きれいでしょう・・

青磁は「作り出すと身上つぶす」といわれるくらい
発色が難しく、またその発色に一生を費やしてしまうくらい
奥の深いものです。
その中でも最高峰といわれる
このしっとりとした色、質感・・
うまい言葉がみつかりません。
ほんとにきれいです。

宮中御用達だったので
祭具なんでしょうかね。

モダンな雰囲気もあります。
イギリスの近代陶芸も少なからず影響受けてます。

P6144535_2

やきものに詳しくない人でも
じーっと見入ってしまう魅力があります。

やきものの魅力そのもののような作品です。

故宮には汝窯製品70数点の内、21点があります。
ぜひ台湾に行ったら見てみてね!


Photo_2

お土産に
「汝窯5人衆」を買いました。

ちなみに本物の
お値段はお値段が付けられない様なものなのですが

最近サザビーズのオークションで
汝窯のちっちゃい小皿が22億円
落札されたそうです。

「汝窯5人衆は1000円ほどで買えます。」

|

2013年6月22日 (土)

閑話休題:明日は表札受注会!

P6214592_2

明日
6/23(日)は月に一度の表札受注会ですよ!

小さいの¥3,800
大きいの¥8,500

おひとりずつご希望を聞いてデザインします。

松原ストアで10:30〜18:00まで
お待ちしています〜


| | トラックバック (0)

台北一泊二日(その3)東洋のお宝

P6134437_2
↑台北の地下鉄はめっちゃ深いです。

それでは松原工房と一緒に
故宮博物院名品のお勉強をはじめましょう!


Lrg_10499355_2

有名な美術館には
有名なお宝があるものです。

西洋代表といえば、
やはりこちら!モナリザ。

パリ・ルーブル美術館にあります。
いつ何時行ってもこんな状態です。

時間のないツアー客は
ここに直行して写真をとって
帰っていきます。

Img1228_file_2

ルーブルの二番手はこちらでしょうか。
サモトラケのニケ。
ギリシャ彫刻です。
天使や女神の原型とも言われます。
美しいですね。

スポーツブランド、ナイキは
ニケのNIKEからつけたそうです。
翼のマークだもんね!

さあ、それに対して
東洋一有名な美術館、
故宮博物院のお宝はこちら!


A0221584_1433243_2

白菜

A0221584_1433243_3

白菜

翡翠で出来てます。


Dscn4623_m_2

二番手はこちら!

角煮


Dscn4623_m_3

角煮

めのうで出来てます。

Img_910396_11865138_0

白菜と角煮。

意外とちっちゃい。

東洋人であることを誇りにおもいませんか。
どうですか。

西洋人が美を人体に求め
ローマやギリシャにその根源を求めたとき
つまるところは神をみていたのに対して

われわれ東洋人は
一体どこになにをみていたのでありましょうか。

笑ってはいけませんよ・・

石、玉(ぎょく)は陶磁器のさらに上を行く世界です。
まず発掘する。
そして加工し、磨いて、見立てる。
自然と人との関わりをみているのでありましょうか・・

ともあれ
大の大人が白菜のフィギュアに
キャーキャー集まっているのは
アニメとかオタクとか
なんともオリエンタルなかんじです。


K1b012549n000000000ab3_4

さて
やきものの話です。

世界のやきものは
中国のやきものに憧れそれを目指す、という形で
発展してきました。

みんなが憧れた中国のやきものというのは
磁器のことです。

松原工房も磁器ですよ!つるんとしたアレです。
今、普通に使ってる食器のほとんどは磁器です。

ざらっとして素朴な陶器とは
素材も作り方も異なる磁器。
世界で製法を知っているのは中国だけでした。

後漢(25年 - 220年)の時代には
もう青磁器が完成していました。
最新の研究ではさらに600年くらい早いかも!と言われています。
紀元前やんか・・

固く美しい磁器は中国の独占販売。
世界中の貴族や王様がこぞって買い集めました。

中国以外の国でやっと作れたのは
われらが佐賀県有田町。
なんと西暦1610年のことでした。

つまり磁器において
中国は2000年くらい独占企業やったわけですよ!


P6134467_2

そりゃ、
ぐうの音も出んな〜


Save00191_6

21世紀の今もまだ
製法のわからない曜変天目茶碗↑(12〜3世紀作)に
青磁、白磁など
数々の中国陶磁の名品は
そのままやきものの歴史です。

ちなみに曜変天目茶碗↑は
世界に4つしかありません。
全部日本にあります(国宝)。

そして!
故宮には
やきものファン垂涎の名品、
「やきもの界のフェルメール」(おくだ命名)があります!

さーて、どんなんでしょうか?
次回をお楽しみに!

|

2013年6月21日 (金)

台北一泊二日(その2)すごいぞ故宮

P6144532_2

世界4大ミュージアム!

ルーブル美術館。
大英博物館。
メトロポリタン美術館。

そしてここ、台北故宮博物院

P6144552_2

大英でなくて
エルミタージュ美術館説もあるな〜

トプカプ宮殿も入れてほしいな〜


P6144539_2

正倉院も入れてくださいよ!

かわいちゃんは奈良県民やからな〜
でもあれは蔵やからな〜


P6144550_2

怒られるのを覚悟で
ざっくり解説しよう!

台湾という地域は
そもそもは原住民が住んでいました。
ビビアンスーはその系統なんだぜ!
沖縄と似た文化圏です。
そこにオランダが入植。
その後、清時代の中国が統治。
そして日本が統治。

戦後、蒋介石率いる国民軍が
台湾に中華民国をつくりました。

それで「中華民国」は
大陸の「中華人民共和国」と台湾の「中華民国」になりました。
いまでもデリケートな問題です。

怒られるのを覚悟でいうと
明治維新の時に
新撰組が沖縄に行って、
「徳川江戸国」を作っちゃった感じでしょうか。


P6144554_2

もちろんそんなことをすると内戦になります。
国民軍は戦火のさなか、
清王朝の持つ中国代々のお宝を台湾に運んだんです。

もちろん命がけ。
しかも大量。

ハリウッド映画の様な
攻防戦の結果
難を逃れた60万点!が
今の台北、故宮博物院にあります。

しかも目利きがセレクトしてるので
すげえものはちゃんと持ってきてる!


P6144555_2

それでも
どこにあっても
焼失したりせず、
こうして後世の人間が見れるのは
すばらしいじゃないか!

源氏物語だって
ハーバード大学にあるんやしな〜


P6144559_2

中国陶磁器の名品、
いや世界の陶磁器の歴史は、
ここにあります!

いや〜
興奮するわ〜
緊張するわ〜

P6144562_2

「そしたら!2時間フリータイム!
2Fの陶磁器エリアは必ず見るように!
正午に4Fの中華ティールームに集合!」

世界中どこでも仕切るおくださん。


次回はその名品を少し解説いたします。
お楽しみに〜

|

2013年6月19日 (水)

台北一泊二日(その1)たいわん3900えん

P6134426

一応18歳からずっとやきものを
していることになるのですが
(今年で20年!)

10代から陶芸が好きで好きで
しかたなかった・・わけはない。

そんな渋い10代おらんわな〜


P6134410_2

美大にいきたいばっかりに
一番受験の楽そうな陶芸科を選んだのが
正直なところ。

それなりに陶芸に興味をもたねば・・
と無理矢理すごして

気がつけばちょっと陶芸やった事ある
フリーターになってて
いいお年になってて
これはやばい。


P6134415_2

せっかく勉強した事やし、と
もう一度真剣に陶芸を学び直したのが
20代後半。

そのとき知った有田、伊万里の歴史。
世界の陶芸の流れ。

衝撃のおもしろさ!!


P6184586_2

なんで九州に来たの?と
よく聞かれるけど、
世界やきもの史を知るとそりゃ来たくなるよ!

景徳鎮、
有田伊万里、
マイセン、
世界史の最前線!
技術の最高峰の舞台!
そのとき歴史が動いた!

P6184590_2

やきものの歴史は
中国をめぐる世界の動き。

中国の歴史と言い切っても
過言ではないです。


P6184588_2

中国の長い歴史の中の
たくさんの焼き物の中の
象徴的な名品は
けっこう一カ所に集まってるんです。

そこにいけば
教科書にのってるような
あれもこれも
間近に感じられる!

P6134427_2

いくぞ台湾!!

P6134416_2

めざすは
台北、
故宮博物院!!

P6134423_2

ピーチは衝撃の片道¥3,900!

「変な時間に出航するので空港で寝る人続出です・・」


P6134419_2

旅のおともは
松原工房の仲良し、
かわいちゃん(奈良県民)です。


P6134431_2

昔、故宮に行った時は知識がうすくて
「きれいね〜」としか思えなかった。

でも今なら学ぶことも多いはず!

「カキ氷とか・・」

|

2013年6月12日 (水)

今年も梅の季節

P6104391

全国の田舎暮らしのみなさん!

タマネギ、梅、田植え!
忙しい毎日ですね!


P6104392_2

松原工房も
梅仕事、やりまっせ!

P6104395_2

松原工房の梅採りは・・


P6104396

もはや、狩り!!


P6104390

たまたま立ちよった
お友達(ナイスミドル)も参加。

P6104403_2

ム〜今年は
梅の木の剪定しすぎて少なかったな〜
ご近所のももらいにいこ〜


P6104404_2

ここのは実が大きいな〜
でも数は少ないな〜


P6114406_2

ゆいちゃんちにも
もらいに行きましょう!
いっぱいあるってゆってました!

P6114408_2

よーし大漁や・・梅シロップ13キロ分!
今年はスタッフが増えたからな・・


P6114409

おおたさんからの大事なおしらせ

「果実びんは少し高いけど国産のアデリアがおすすめやで。
紫外線をカットするから出来上がりが違うで!」

| | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

とっとって

Dsc_0931_2

昨日発行の「とっとって」に
松原工房のってます〜

長崎新聞購読のおうちに届けられるフリーペーパーです、

友の会員さんが
教えてくれて写真までおくってくれました!
素晴らしいお気遣い、ありがとうございます!

松原ストアがトップにあって
続くのは大御所の白山ショールーム、陶房青というすごい構成・・

「調子に乗ってコケるとしたらまさに今!」


P4263765_2

紹介遅くなりましたが
「九州じゃらん6月号」にものってます〜!


P4263766

チームべっぴんで
取材受けたやつです。
かわいいです!

Press_cover1305_2

それから
ながさきプレス5月号にものせていただきました。
すみません、その時期に紹介出来ず...
陶器市で・・そのあと力つきて・・・


P5314336_2

あと、「るるぶ」にものってるはずですが
こちらはまだ未確認です。
持ってる人、みせてください!


P5314302_2

これまでの5年間でほんとに
いろいろ取材をしていただきました。
ありがとうございます!
載った記事のおかげでたくさんのひとと
お知り合いになれました。
それらは雑誌、新聞、フリーペーパーなど
その時のみ発行されるものでしたが、

なんと、
この秋、
はじめて
単行本にのるのだ!!!

おおお〜〜〜
今度はいち早くお伝えするので
買ってくださいね〜


|

2013年6月 7日 (金)

それは恋愛のごとし

P6170026_2_2

「カワイイ!」とよくおほめにあずかる
松原工房のHP
福岡のデザイナー、三迫太郎さんが作ってくれたんですよー

もう3年経つのに
色あせないかわいさ!
に甘えてあんまり更新してない・・
そろそろカスタムおねがいしないと!


P3192780_3

【こちらおなじみCLAPさん。ただいま博多阪急でイベント中!】

自分で出来る変更は自分でしなくちゃ!と
文章を少し直したりしています。

えー「よくある質問」のコーナー。

「松原工房の製品はどこで買えますか?」

「直営店「松原工房ストア」で販売しています。
できるだけ自分たちの手で
直接販売する事をモットーにしていますので
いろんな地域で気軽に買えないのですが
そういう店もあるのだとご理解いただけたらうれしいです。」


・・・確かにそうやけど我ながら頑固な店だわい!


P3192786_2

【こちらもおなじみオランダの花やさん!このお店をお手本にしてきました。】

松原工房は
あまり商品を他のお店にまかせません。

数が作れない事もあるし
宣伝するより確実にお客さんに届けたい事を
重視していると自然とそうなってきました。

それから
食器の専門知識のないひとや
私たちをあまり知らない人に商品をまかせるのは
はっきりゆうて嫌です。

P4203715_2

【学生の時からずっと応援してくれる藍土さん、こういう大人になりたい。】

細々とでも商売をしていると
いろんなお声がかかります。

サンプルをくれとか
宣伝してあげるから貸してくれとか
掛け率いくらなら取引できる?といきなり言われたり。

そういうとき
ビジネスの態度として
どうすればいいのかなかなかわからず
手探りでその都度やってきました。

クヤシイ思いをする事もあったけど
基本うたぐりぶかいので
これまでとんでもないことはおこらなかった。


Pb070677_2

【ダンディしろーさんのお店、イル・クッキアイオ
マダム・マサコとのおしゃべりで心救われます!】

そして気づいたのです。
ビジネスの態度なんかではない。
人としての態度なんだと。

相思相愛になるためには
まるで恋愛のようなプロセスがあるのだと。

数少ないながらも
松原工房が仲良くさせてもらっているお店のひとたちは
魅力的な人たちのうえに
常にわたしたちを思いやってくれ
わたしたちの製品を愛してくれているのであった。

そしてお金にはシビアだけどフェア!


Dsc08515_2

【このパンダもどこかでお店をしているようですが秘密だそうです。】

そやから〜
松原製品使った事もないのに
仕入れさせてくれとか
会った事も無いのにデカい話しとか
会うなり取引依頼とか

そうゆうのは
恋愛に置き換えたら

「しゃべったことないけどつきあってくれ」
「初対面なのにいきなりプロポーズ」

ノーノー!アカンアカン!

ゆっくり信頼関係を作って
お互いに利益があるのがお取り引きやと思うのです。


P5184261_2

↑初デートでおくださんにプロポーズされ、受諾した人・・

「オレの立場は・・」

|

2013年6月 6日 (木)

クーラーつきました

Img_0087

ストアにクーラーきたー!!
エアコンじゃなくて
クーラーと呼んでしまう昭和の子・・


Img_0085_2

ム〜〜


Img_0086

涼しか〜〜

20畳用やからな〜
強力やで〜


Img_0088_2

松原工房の御用達電気やさんは
オサレ電気やさんですねん。

年季の入ったワーゲンのラビットに
工事道具詰め込んで来はるんやで〜


Img_0089_2

しかもイケメンでっせ〜

「あんまり写さないでください・・」


Img_0090_2

開店直前の松原ストアに
重要なアドバイスをくれたひとでもあります。

ここ、見て
ここ!!

P3192743_2

さかのぼること、
ストア開店前日の3月19日。

松原工房は予算不足と
疲労による投げやりな気分から
天井の蛍光灯を
むきだしておりました。

どうすんねん・・


P3192745_2

まあ、せめて掃除やな〜。

おおたさん、
風呂屋のオッサンみたいに
蛍光灯の裏側もしっかり拭いといてや!


P3192742_2

こうか〜

P3192746_2

そうや〜

P3192737_2

電気やさんのお兄ちゃんに
なんかないっすかね〜と
聞いてみたら教えてくれたのがこちら!

養生用のプラスチック段ボールです!

どこのホームセンターにも売ってて
タタミ1枚分のサイズで200円ほど!
透光性があるので照明カバーに工作できますよ!
加工はハサミと接着テープでらっくらく!


P3192735

とはゆうてもな〜
図面書いて
ぴったりに加工するのはなかなか大変やったんやで〜

まあおおたさんやから数時間でできたんやけどな〜

よっしゃよっしゃ
取り付けは
インパクトドライバー好きの
おくだにまかせときー


P3192749_2

でけた。

総工費2000円。


P3192748

すごいですね〜
すごいね〜
いつかブログで自慢しよ〜

P3192733_2

カフェムックのおかちゃんたちも
興味津々。

というわけで
涼しくなった松原工房、
持つべきものはアイディアの多いお友達、ということですな。

おあとのよろしいようで。


| | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

ありがとう5周年

P5314383

本日、松原工房5周年!
ありがとうございます!

毎年
かわいちゃんがお誕生年バルーンを
贈ってくれます!
今年は5歳!!

P5314327_2

雨の中を
来てくれる!

待っててくれる!

P5314332_2

昨日焼き上がったばっかりの
製品もディスプレイ完了!
オープン!

P5314333_2

今日は買う気まんまんの
お客様なので
誰もあまりしゃべってくれません。

しーんとした中
興奮と緊張が伝わります。


P5314331_2

ちょっと取り残される店員。

P5314334_2

お目当てのものはみつかりましたか?

P5314338

今日はギフトが多かった!
こういう時に
そうだ、
あのひとに贈り物をしよう!って思いつくって
やさしいよね−

遠方の方から指令を受けた
影武者の方もけっこういらっしゃいました。
仲良いよねー

P5314355_2

どんなに買っても今日は
20%オフ!


P5314357_2

いや、ちょっと2と0
逆がいいな〜

おおたさん2でやってみて〜

こうか〜


P5314358_2

なんかちゃうな〜

こうか〜

P5314359_2

もうエエか〜


P5314370

ついでに
潮騒の・・


P5314365


メモリーズです!(30代)

「あ、これMか!」
「バルタン星人の握手かと思ってた!」

P5314328_2

雨でも
なんでも
来てくれる
いつもいつも
来てくれるお客さん、
本当にありがとうございます。

みなさんに支えられての5年間、
こんなふうに支えられるなんて
なんて幸せなんだろう!

「どんどん新作作ってください!
どんどん買いますから!」

って言ってくれたお客さん!
私もそんなこと言ってみたい!!!


P5314344_2

今年は新しい一歩を大きく踏み出した年となりました。

みんなが
励ましてくれて
期待してくれて
喜びを隠さず見せてくれるので
うれしくて
ついうれしくて
ここまで来られました。

いつもありがとう。

6年目の松原工房は
「とにかくがんばる」というこれまでのスタンスから
「みんなでよりよい職場にする」
「他のスタッフに技術を引き継ぐ」という
これまでとは違う面で力を入れていきます。

日々の成長を
どうぞこれからも見守っていてください。


|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »